Skip to Content

Aerohive


Aerohiveの次世代型アクセスポイントは、コントローラベースWLANとアクセスポイントの利点を統合した高機能アクセスポイントです。高額なコントローラは不要です。


あらゆる規模のオフィス、病院、学校、製造業、小売業に、マネージメント能力、ハイスピード、モビリティ、セキュリティに優れたネットワークを提供します。また、クラウドベース(SaaS)のソリューションが、導入時のコストを削減し、どこからでもアクセス可能なネットワークを構築します。小規模から始め、拡張、追加、変更することが可能です。


HiveAPは、複数のHiveAPをグループ化してセキュアな接続を確立します。HiveAP間で情報を共有し、高度なメッシュ機能が安定性のあるネットワークを構築します。また、ダイナミックRF管理、レイヤー2、3ローミング、クライアントのロードバランシングなど、インテリジェントに構成されたアクセスポイントサポートコントロール機能を備え、ファイヤーウォール、アクセスコントロール、QoSポリシーを実行します。個々のユーザをシングルSSIDで認証するため、セキュリティも安心です。


HiveManager(管理ソフトウェア)で設置、拡張も簡単に行え、低コストで、信頼性が高く、スケーラブル、高パフォーマンスな無線LAN環境を実現します。従来のWLANが抱える問題をクリアできたのは、Aerohiveだけ。音声トラフィックも最適化し、従来のコントローラベースWLANアーキテクチャよりも優れた機能で、シンプルかつフレキシブルなネットワークを提供します。

 

 

コントローラベースのWLANは、APの処理力が低かった時代、他のネットワーキングインフラストラクチャーにインテリジェンス機能を分散するためにデザインされました。


AerohiveのコントローラレスWLANアーキテクチャが中央集中型管理システムでモニタリングと設定を実行。全てのコントロール機能とデータ転送をスマートAPに分散します。


AerohiveのAPは、今日のコントローラベースソリューションの全ての管理、モビリティ、セキュリティ機能を単体で実現する業界最新のテクノロジーです。コントローラ不要で、コストパフォーマンスが高く、ハイスピードでセキュアなネットワークを提供します。

 

AerohiveのコントローラレスWLANアーキテクチャ

コントローラアーキテクチャの弱点

コントローラレスアーキテクチャの強み

■Uターン、ボトルネック、エラーなし。
■拡張の際も、APを追加するだけ。フレキシブルにネットワークの拡張が可能。
■統合されたメッシュテクノロジーが、最大限の冗長性、接続性、自己回復能力の高いネットワークを実現。
■スケーラブルな分散型データ転送を最適化し、802.11nのパフォーマンスを最大限に引き出すことが可能。

他社のコントローラベースWLANアーキテクチャ

コントローラレスアーキテクチャの強み

コントローラアーキテクチャの弱点

■高額なコントローラが必要
■トラフィックがコントローラを経由するためボトルネックやエラーが生じる。
■音声トラフィックがコントローラを追加するため、待ち時間大

 

Aerohive vs コントローラベースWLANの比較

特徴
メリット
コントローラーベース Aerohive
コントローラーレスオペレーション
コスト削減、設置の簡易性
×
エラーなし
高い信頼性、冗長性にかかる追加コスト
×
弾力性の低さ
アプリケーションパフォーマンスの向上
×
コストとパフォーマンスのスケーリング
最小限のコスト
×
ライセンス不要
コスト削減、設置の簡易性コストモデルの簡略化
×
エッジベースのQoS
接続性と信頼性の向上
×
エアタイムスケジューリング
単体でのエアタイムスケジューリングが可能
×
(M社、A社以外)
SLAモニタリングと改善
クライアントパフォーマンスSLAsの管理と アビリティの確立
×
統合したAPラジウス
存続性、設置の簡易性
×
クラウドベースの管理
コストの削減、設置の簡易性
×
(M社、A社以外)
オートチャネルとパワー
設置の簡易性、APエラーの軽減
×
Layer 3 ローミング
クライアント インターサブネット モビリティ
×
ゲスト トンネリング
ゲストアクセスのフレキシビリティ
×
エンタープライズワイドポリシー マネージメント
管理の容易性、設置の簡易性
×

 

テクノロジー&メリット

テクノロジー メリット
高額なコントローラなしで、エンタープライズクラスのWiFiを提供
QoS、アクセスコントロール、セキュリティポリシーを AP内で実行。トラフィックをコントロール。
個々のユーザーをシングルSSIDで認証。各ユーザを異なるユーザ、プロフィールとして認識。
AP間で、冗長パスを生成。メッシュ機能がエラーのない、シームレスなネットワークを実現。
WiFiネットワークに接続しているクライアントの状態を「見える化」、ヘルスチェック
個々のユーザ、ユーザタイプ、キュー毎にバンド帯域の代わりにエアタイムを割り当て。単体でのエアタイムスケジューリングが可能。
全てのクライアントの性能、スループット、エアタイムユーズ、クライアントのヘルススコアをモニタリングすることにより、かつてないレベルのネットワークアドミニストレータ機能を提供。
HiveOS(管理ソフト)と連動するAPをリアルタイムでモニタリング、分析が可能。HiveOSバージョン4.0以降で対応。ハードウェアやライセンスの追加は不要。

 

 



今日のエンタープライズは、生産性の向上とコスト削減のソリューションを模索し続けています。

Aerohiveは、複雑なクラウドベースのネットワークをシンプルにし、コスト削減を実現するソリューションを提供します。

HiveAP

業界最高のパフォーマンス(最大論理スピード600Mbps)を低価格で実現!
文教ユーザ、ヘルスケアユーザ、エンタプライズユーザに最適!

●コラボレーション型無線LANアーキテクチャを採用した、コントローラレス・アーキテクチャ
●2x2のデュアルバンド802.11n
●高性能かつ安定した無線LAN環境を提供
●無線メッシュ冗長(無線メッシュによるバックアップルートの自動生成)と802.11a/b/g/nの無線クライアントへのサービスを同時に提供し、 業界随一の強固な冗長構成を実現

learn more

802.11n 無線LANアクセスポイント組み込みのブランチルーター

●「どこでもオフィス」のモビリティ性を実現するWANルーター機能
●エンタープライズグレードのセキュリティ機能
●「プラグアンドプレイ」で設置が簡単
●高速ローミング機能、ユーザ単位のアクセスコントロール、完全ステートフルのファイヤーウォール機能、VPN、セキュリティ機能、高パフォーマンス無線LANネットワーク機能を低価格で提供
learn more


クラウド管理型のLANスイッチ
●アクセスポイント、ルータと同じ体系で運用管理が可能
●ギガビット対応
●802.3at PoE対応
●セキュアなブランチルーティング機能

learn more

アクセスポイント、ルーター、スイッチを統合管理するシステム

●ワイヤレスネットワークの設定、モニタリング、管理を実行
●アクセスポイントと連動し、完全なコントローラレスソリューションを提供
learn more


クラウドベースのマネージメントソリューション
●ファイヤーウォールの先にあるデバイスに対して、クラウドベースでインストール、オペレーション、メンテナンスの実行が可能

learn more

Copyright © 2014 Aerohive. All rights reserved.